仮想通貨リテラシーの向上を目指す学生ベンチャー CoinOtaku

日々様々な情報が錯綜する仮想通貨市場。中には詐欺まがいの情報も存在する。そのような状況の中、仮想通貨に関する正しい情報を発信し、人々のリテラシー向上を目指す。それがCoinOtakuのビジョンだ。

CoinOtaku

基本概要
創業者(現顧問) 下山明彦 代表 木田陽介設立 2017年10月 社員 学生の役員インターン30人(2019年6月)

サービス
仮想通貨メディアの運営(https://coinotaku.com)②仮想通貨に関するオンラインサロン の運営

ビジョン
仮想通貨に対する人々のリテラシーを向上させ、仮想通貨やブロックチェーンの成長に寄与する

ワンポイント
仮想通貨やブロックチェーンには世界を大きく変えるポテンシャルがあるという考えのもと、仮想通貨に関する人々のリテラシー向上を目指し、Webメディアを運営してきた。「仮想通貨 おすすめ」などの検索ワードで検索1位を獲得しているなど、日本最大級の仮想通貨メディアの1つだ。

——「人々に仮想通貨に関する正しい情報を提供する」というビジョンを達成するために、どのような工夫をされているのでしょうか

仮想通貨に関する情報を調べるとき、何を使いますか?ネットですよね。特に、仮想通貨に関しては、お金がかかわることなので、多くの人は「検索」を利用してしっかりと情報収集をするんです。僕がCoinOtakuを創業しようと思った時は、ネットで検索しても詐欺的な情報で溢れていて、正しい知識を持って仮想通貨投資をするのは少し難しいという状況でした。そこで、検索結果で上位に表示されるサイトをつくることで、人々が有害なサイトで誤った情報を手に入れることを防ごうと思って弊社を立ち上げました。実際、Googleで「仮想通貨 おすすめ」と検索すると、CoinOtakuが一番目に表示されるようになっています。

——なるほど。それでは、日々の業務では、検索で上位を取るためのSEO対策などに力を入れられているのでしょうか。

もちろん検索上位になることは意識しますが、検索エンジンに特化した小手先の対策、というのはやっていません。というのも、現在のGoogleのアルゴリズムは昔より遥かに精度が高く、実際のユーザーに対して良いものをつくることが、Google検索で上位に表示されやすくなることと一致するからです。なので日々の業務では、ユーザー目線に立って良質な記事を書こうと研究を繰り返しています。

——日々の業務について詳しく教えていただけますか?

各テーマについて一人の担当者がリサーチをし、それに対して編集部が確認、OKを出すという流れで記事を執筆しています。たとえば、「仮想通貨の海外取引所」というテーマであれば、一人の担当者が「この取引所は怪しくて、この取引所は大丈夫だ」といった内容を調査し、構成、目次を作成します。それを編集部がチェックして公開へ進みます。

各テーマごとの担当者のほかに、最新ニュースを追う「ニュース班」も存在します。日本のニュースや価格情報はもちろん、海外のニュースまで取り上げて独自の分析を加えて配信しています。

現在は20~30人ほどの従業員がいて、そのほとんどはインターン生です。インターン生はほとんどが学部生で、意外にも理系の学生が多いのが特徴ですね。仮想通貨に興味がある人、マーケティングに興味がある人、起業に興味がある人とタイプは様々で、実際に弊社でのインターンを経て起業した人もいます。

下山明彦 代表 写真
下山明彦 代表

——現在は、仮想通貨の投資に関する情報をメインとされていますが、今後は事業をどう展開していくのでしょうか

ブロックチェーンや仮想通貨に対する、人々のリテラシーを向上させるのがCoinOtakuのビジョンです。そのビジョンを達成するために、まずは「仮想通貨投資」という初心者が入りやすい分野にフォーカスしているのが現在の段階です。初心者に一番必要な情報を提供しようというスタンスを一貫していくつもりなので、今後例えばDappsやブロックチェーン上のゲームなどがより身近になったときには、その情報を提供する可能性はあります。

仮想通貨やブロックチェーンという分野で人が触れるものについて、概念を分析する形で適切な説明をしていく記事を増やしていこうと考えています。

——常にユーザー目線の情報を発信していくということですね。

ビジネスをやる上で大事なことは、顧客の課題を理解することです。それが分からずに、格好いいサービスを作ろうとしても失敗してしまいます。

顧客の課題を理解したうえで、適切なマーケティングをしていく。これがビジネスをやる上で最も大事だと今は考えています。

様々な情報が行き交う仮想通貨の世界に正しいリテラシーを提供する。CoinOtakuはこのビジョンのもと、変化する情報を日々発信している。

【インターン】
創業者の下山さんは「若くて優秀だけど何すればいいかわからない人こそビジネスの力を早めにつけたほうがいい」と話し、インターンで成長し、将来起業したいという人を広く募集している。メンバーが学生なので、対等な関係で仕事をすることができ、実際に新会社の社長としてインターン生が任命されるほど与えられる裁量も大きいことがCoinOtakuでのインターンの魅力の一つだ。

以下のインターンを募集している。エンジニア 仮想通貨市場分析のアルゴリズムやWebサイトを作成する。フロントエンジニアwebエンジニアインフラエンジニアフルスタックエンジニア Webデザイナー Webサイト、新規メディア等のデザインを行う。ディレクター 様々な企画立案等を行う。初心者歓迎。マーケティング ライター 記事を作成する。仮想通貨について学びたい方も歓迎。

インターン応募はこちら(Wantedly ページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。